販売価格630 円(税込)

規格 150g
配送便 クール便(冷蔵)
購入数


受け継がれる秘伝のレシピ


『自家製ハム工房TONGTONG(トントン)』社長の佐々幸紀さん。
北海道の手作りハム職人の元で修行をし、
「師匠の作るハムやウインナーはとても温かく優しい味で、町で評判のおいしい店だった」
と語ります。

その師匠が工場の火事で亡くなられ、焼け残った師匠の大切なレシピは、
ただ一人の弟子であった佐々さんに受継がれました。

佐々さんは、その秘伝のレシピをベースにアレンジし、
素材の美味しいところを最大限に引き出す味付けで、
今では亡くなられた師匠と同じように、
道の駅七城メロンドーム内の店舗を中心に
温かく優しい味のハム・ウインナーを提供されています。




道の駅メロンドームの店内にはたくさんの手づくりハム・ウインナーが並びます。


TONGTONGのこだわりは味だけではなく、
「添加物を極力使用しないハム作りをしています。」
「体に良いものは、当たり前ですが、
いつも〝おいしさ〟と喧嘩します。
そんな時、原点に帰り〝素材〟というものに
もう一度注目しました。
熊本は地下水が綺麗でおいしく、
その水でできた野菜類もすごくおいしいです。
〝おいしい豚肉とおいしい野菜を調理したら、
おいしいはず〟という当たり前の考え方で、
地元熊本の野菜や果物等を使ったソーセージ作りに取り組んでいます。」
と佐々さんは語ります。

「おいしいものを作る!」
この一心で、何度も試作を重ね日々研究し、
同時に添加物の勉強をし、
今の商品へとつながっているそうです。

佐々さんの想いが詰まった『自家製ハム工房TONGTONG』の
一押し商品を詰め合わせにしてお届けします!


ハム・ウインナーを作る製造の皆さん


ウインナーを作る作業中


恵まれた素材


『自家製ハム工房TONGTONG』の商品の素材は、
社長の弟・和宣さんが経営する佐々牧場から供給されます。

この牧場では、審査が厳しく、 全国でも1割程度の養豚場しか実現出来ていない
SPF養豚法を取り入れています。
この養豚方法を取り入れることで、
「豚への衛生面はもちろんのこと、 限りあるスペースで豚のストレスを最小限に抑え、
豚特有の「臭み」を無くし、豚の旨味だけを感じることができる、
質の高い素材を生み出すことができます。」
と和宣さんは語ります。


佐々農場の皆さん


SPF豚とはどんな豚なの?
もともとSPF (Specific Pathogen Free)とは、
あらかじめ指定された病原体をもっていないという意味です。

SPF豚は、高いレベルの管理技術もった農場でのみ生産できる、
安全と安心と美味しさを追求した豚の代名詞。

この恵まれた素材から生まれるTONGTONGの商品の数々。
お二人が揃って口にされることは、
「子どもたちに安心して食べさせることができる食材」
兄弟二人三脚でこれからも安心して食べる事の出来る商品を生み出されることでしょう。


佐々農場の養豚場はSPFの認定を受けています。


販売価格630 円(税込)

規格 150g
配送便 クール便(冷蔵)
購入数