菊池の里から今年の新米と新鮮野菜、とれたてフルーツを送料無料でお届けします。

販売価格5,200 円(税込)

配送便 送料込み(常温・冷蔵)

セット内容:七城のこめ2kg(新米)、秋野菜5品、フルーツ1品(柿)※写真はイメージです。

購入数

菊池が誇るお米「七城のこめ」の新米をお届け!
冷めても美味しいお米 

七城のお米がおいしい理由は?

こめ1
 菊池川と迫間川の土壌で作られる七城のお米は、酸素をたくさん含んでいる白砂の堆積(花こう岩)からなる土壌と水のおかげで、おいしいお米ができるのです。
 ここでとれる七城米は、九州・関東・関西のおすし屋さんから特別注文が殺到し、評判になったお米で、今も変わらずこのおいしさを保ち続けています。



jushou

特別栽培米とは?

こめ3
 熊本県の慣性栽培で使用されている化学合成農薬・化学肥料の両方を50%以上減らして栽培されたお米をいいます。
 七城のこめは、極力農薬を使用せずに堆肥等の有機肥料を中心に使用することでより安心・安全でおいしい水稲栽培を心がけ、人・環境にやさしい農業に取り組んでいます。




「くまもとグリーン農業」とは?

こめ4
 土づくりをして、化学合成された肥料や農薬をできるだけ使わない“環境に配慮した農業”のことを熊本県では「くまもとグリーン農業」と呼んでいます。安全・安心な農産物を生産・供給するとともに、熊本の宝であるきれいで豊かな地下水を始めとする恵まれた自然環境を守り育てるために取り組む土づくりを基本として、慣行農業より化学合成肥料や化学合成農薬を削減するなど環境にやさしい農業です。


ヒノヒカリって?

こめ5
九州地方を中心に栽培される品種「ヒノヒカリ」は、コシヒカリよりもやや小粒なのが特徴。粘りは少なめで味が濃すぎないことから「おかずにそっと寄り添う名脇役」と言われます。丼物やカレー、どっかりしたお肉料理にぴったりのお米です。さらに「冷めても美味しい」特徴はヒノヒカリ最大の魅力。からだを動かした後の塩おむすびは最高のごちそうです。

                      

in150914_023

お日様のひかりをたっぷり浴びて育った野菜!(写真はイメージです)

産地直送! 鮮度と味に自信アリ


盆地型気候で温暖差が大きい七城町で栽培された野菜は、
甘味が強く、味が濃いのが特長。
産地から直送するため、鮮度は抜群。


100%天然!化石サンゴ肥料「どなん」で元気な野菜が育ちます


サンゴの力で畑を豊かな大地に

沖縄県与那国島原産 化石サンゴ肥料 「どなん」

菊池市七城町の野菜の肥料は、日本の最西端の島、

沖縄県与那国島から産出された

コーラルインターナショナル株式会社製の

良質な化石サンゴが原料です。


カルシウム、ミネラルたっぷりの化石サンゴ

化石サンゴとは、10万年前の清浄な海中に育ったサンゴが、

その後の海面低下によって陸上に化石として露出したものです。

化石サンゴの主成分は炭酸カルシウムですが、

その他に70余種類のミネラルも含まれています。

天然有機肥料「どなん」は化石サンゴを天然の素材のまま、

化学的に何ら手を加えることなく

未焼成で粉砕したミネラル補給材、土壌改良材です。


どなんとは?

「どなん」は与那国島の別称で、天候が不安定、

また島の周囲が断崖で渡航するのが困難なことから

「渡難」と方言で呼ばれていました。

そのどなんの名が化石サンゴ肥料につけられました。


化石サンゴ肥料 どなんの特徴

サンゴパワー1
土壌中の微生物の育成を促進!

サンゴ特有の多種類のミネラルを豊富に含んでいるので、

土壌中の微生物を育成促進し、有機物の分解を促進して

肥料の効果を高めます。

サンゴパワー2
通気性・保湿性・保肥力の増大!
多孔質のため、通気性・保水性・保肥力に優れ、

土を軟らかくします。また、バランスのとれたミネラルを

含んでいるので、倒状・冷害・病害虫に強い作物を作ります。

サンゴパワー3
土壌中の重金属イオン吸着・農薬公害の軽減
化石サンゴは土壌中に沈殿された重金属イオン等の

有害物を吸着する力が大きいので、鉱害地における重金属の害を除きます。

サンゴパワー4
酸性土壌を弱酸性及び中性に!
酸性土壌の塩基障害を解消したり、弱アルカリ性に改善することができます。


熊本 大秋柿
手間を惜しまずに作った柿は珠玉の味

高地特有の寒暖の差が、柿の甘みを生む


東に鞍岳(くらだけ)、北に矢方ヶ岳(やほがたけ)をのぞむ
標高250メートルの高台にある広々とした岩永光幸さんの果樹園。
真っ青な秋空の下で柿の収穫の時を迎えていました。
シャキッとした食感とさわやかな甘みが魅力です。


こだわりのステビアたい肥と真土(まつち)が生む極上の柿


岩永さんの柿は、朝晩の温度差が激しい山間部特有の気候と、
水はけの良い真土(まつち)という抜群の自然環境で育っています。
また、岩永さんは植物の力を最大限に引き出す
安全な「ステビア栽培」でフルーツを育てています。
根っこにはステビアを混ぜ込んだ完熟たい肥を、
さらに葉っぱにもステビアの液肥をたっぷりと染みこませることで、
スイーツのように甘い柿を生み出します。


最高の一玉を生むために、手間を惜しまない


柿はデリケートで、細やかな手入れが必要です。
大きくて甘みの乗った一玉を作るためには、
蕾を落とす「摘蕾(てきらい)」や、
果実を落とす「摘果(てきか)」を欠かしません。
しかし、玉が大きくなりすぎると
ヘタのすき間に黒ずみが出る「ヘタスキ」がおこるため、
見極めが難しいのだそうです。
「最高の一玉を作るためには、とにかく手間を惜しまんことです」とほほえみます。

菊池の里から今年の新米と新鮮野菜、とれたてフルーツを送料無料でお届けします。

販売価格5,200 円(税込)

配送便 送料込み(常温・冷蔵)

セット内容:七城のこめ2kg(新米)、秋野菜5品、フルーツ1品(柿)※写真はイメージです。

購入数