溢れる果汁と上品な香りに、あなたも恋しちゃう苺「恋みのり」

販売価格1,880 円(税込)

 通常パック(約300g×2パック) 1880 円(税込)

規格 通常パック(約300g×2パック)
配送便 クール便(冷蔵)

2017年から出荷が始まった新品種「恋みのり」。熊本が誇る苺「ひのしずく」を親に持つ品種だから、口いっぱいにあふれる果汁と真っ赤な果実はひのしずくの良いところを受け継いでいます。
熊紅(ゆうべに)のように輸送性に優れる品種であることから、すでに注目が集まり始めています。
酸味は控えめで甘さが協調される品種だから、小さなお子様にも喜んでもらえます。

購入数
新品種いちご 恋みのり

いちごを通して託された想いがみのるように


「今、新しか品種ば作りよっとたい。これはよかけん。見にこんね。」
西口さんに呼ばれてご自宅まで行ってみると、
2017年から出荷が始まった新品種「恋みのり」が初出荷を待っていました。

「まずは一つ食うてから、試してみらんといかんどたい」と一粒もらうと
まず一番に驚いたのが、今までのいちごにはなかった、花のような香り。
切ると真っ白な果肉をしているのに、強い甘さがあり、
口いっぱいに広がる果汁に、まさに「恋」しちゃうかもしれません。

「恋みのり」の名前には、「いちごを通して託された想いが叶うように」という
願いからつけられた名前で、可愛らしい名前ですよね。


ミネラルたっぷりの地下水が育むこだわりイチゴ


阿蘇外輪山に囲まれた緑豊かな菊池市出水地区。
“出水”という名の通り、豊富な地下水に恵まれた田園地帯で、
西口広聖さん(62)のイチゴはすくすくと育っています。
太陽の赤をすくい取ったかのような西口さんのイチゴは甘みが強く、
口に含むとこぼれんばかりの果汁があふれだします。
「うちのイチゴは、こだわってつくっとるので、
ほっぺが落ちるほど旨いよ」と笑顔を見せます。

si141003_051
イチゴを作り始めて20年の西口広聖さん


極上のイチゴを生み出すこだわりの土づくり


西口さんがイチゴづくりを始めたのは、20年前。
6月の苗作りに始まり、土づくり、定植、交配、そして収穫と、
一年を通してじっくり手をかけることで、おいしいイチゴは生まれます。
「一番大切なのは、土づくり」と語る西口さん。
しっかりと太陽熱消毒された土壌に、
油かすや魚かすなどをラクト菌で発酵させた「ラクトぼかし」を漉き込むことで、
イチゴにとってバランスのよいふかふかの土壌を作ります。

si141003_043
土づくりにこだわって栽培をしています


自然と折り合いながら、最高の一粒を作る


「温度や湿度管理には、気を使いますね」と語る西口さん。
たとえば、定植後しばらくの間、土の温度を低く保っておかないと、
花芽をたくさんつけてくれないのだそうです。
「おてんとさんの照り具合、交配を手伝ってくれるミツバチの動きなど、
人の力だけではどうしようもならんことがいっぱいです。
自然と折り合いながら、極上の一粒を作るのが、
イチゴ作りのおもしろいところですね」とほほえみます。

si141003_044
豊富な地下水に恵まれた土地で育まれるイチゴです

in141209_059


溢れる果汁と上品な香りに、あなたも恋しちゃう苺「恋みのり」

販売価格1,880 円(税込)

 通常パック(約300g×2パック) 1880 円(税込)

規格 通常パック(約300g×2パック)
配送便 クール便(冷蔵)

2017年から出荷が始まった新品種「恋みのり」。熊本が誇る苺「ひのしずく」を親に持つ品種だから、口いっぱいにあふれる果汁と真っ赤な果実はひのしずくの良いところを受け継いでいます。
熊紅(ゆうべに)のように輸送性に優れる品種であることから、すでに注目が集まり始めています。
酸味は控えめで甘さが協調される品種だから、小さなお子様にも喜んでもらえます。

購入数